建築事例を見る

注文住宅

木の優しい香りに包まれる和風建築と モダンデザインが見事に融合した住まい

OB宅拝見レポート

【モデルプロフィール】
加藤 三三男さま
   徹子さま ご夫妻
建築/2015年3月
形態/新築
【コメント】
日本家屋の良さとモダンでオシャレなデザインが詰まってできた家。「全部がこだわり」そう言い切る棟梁に出会えたことが私たちのこだわりでした。

木の香りが落ち着く日本家屋は、想像もしなかった理想の住まい!

将来夫婦2人の暮らしになった時「今の2階建てより平屋が良い」そう決めていたという加藤さんご夫妻。お子さまが独立したのを機に空き家になっていた奥様の実家をリフォームして移ることに。その時、息子さんの友だちが大工をしているのを思い出して軽い気持ちで連絡したそう。「素人で分からないから見てって。そしたら棟梁が一緒に来られて(笑)」この不思議な縁で理想の住まいと出会うことになったと奥様は話す。この棟梁こそが、自然素材にこだわった『健康住宅』の家づくりを目指す小西社長だった。そして『そこに住む人が健康に暮らすことができる家づくり。自然木が香る優しい空気に包まれた家』という唯一無二の住まいを創り続けているのが日伸建設だ。使うのは目利きして集めた国産の木材。加藤さんのお宅も丈夫で癒し効果のある檜(ひのき)がふんだんに使われ、床には当りが柔らかく傷のつきにくい胡桃(くるみ)、トイレには消臭効果のある楠(くす)など適材適所で木の特性を活かしたつくりになっている。ご夫婦が絶対に欲しかったのはお互いの趣味や仕事をじっくり行えるアトリエ。2人とも家づくりは素人だがせっかく建てるならと、ここには寝室、こっちにはキッチン…といろいろ間取り図を書いたそう。でも光の入り方や構造上の問題などプロにしか分からない指摘やアイデアをもらい、今の形に。日伸建設のこだわりの素晴らしいところは室内のデザインも考え抜かれていること。「材料が良くても野暮ったくてはダメでしょ」と社長は笑う。その言葉通りオシャレなカフェやペンションのようだ。ご主人の趣味である合唱も「吹き抜けのリビングだと上手に聞こえる。みんなを呼んで演奏会が開けるねと話しているんですよ(笑)」と奥様。「木が生きる棟梁の家」でおだやかに住まう、そんな家づくりを考えているならぜひ一度相談してみては。

お気に入りポイント1
“奇跡の杉”で体調良好の寝室
寝室の枕元側には超低温乾燥という特殊な処理が施された稀少な杉が使われている。杉には癒し効果があるとされ、ここで寝るようになって肩こりや体の不調がなくなったそう。みんなで“奇跡の杉”と呼んでいるとか。

お気に入りポイント2
檜の丸太が作る深い軒下
軒下を通る丸太は縁桁(えんげた)と呼ばれるもの。有名な淡路島の瓦を乗せた大きな屋根を支えている。

お気に入りポイント3
戸棚の引き戸は開いた時丸見えにならず中のものが取り出しやすくて大正解♪ キッチンから見上げた吹き抜けの窓から陽射しが注ぎ、ある時期には月の動きを見ることができるのも奥様のお気に入りだそう。

大黒柱
家を支える立派な大黒柱には8.5寸(25.5cm角)の国産檜を使用。吹き抜けに填められたガラスは明かり取りとリビングの暖気を逃さないためのもの。

小西社長と奥様
出会いからヒアリング、設計と工程を経て引き渡しまで約2年。繰り返した図面の修正やご主人も屋根に登ったという上棟式など思い出話は尽きることがない。

我が家の自慢

アトリエ
ご夫婦念願の“アトリエ”。クローゼットがあって収納もたっぷり。広々空間で心置きなく趣味や仕事に没頭できるお気に入りの場所。

テーブルセット
リビングに合う家具が欲しくなり買い求めたテーブルとイスのセット。これも日伸建設のオリジナル品。

トイレには消臭効果が高い楠を使用。消臭剤が要らないので見た目もスッキリ。

ドアを開けると優しい木の香りに包まれる。広い玄関と吹き抜けのあるホールには、作業場・和室・リビングへと繋がる各ドアがあり動線も便利になっている。

大工の技術が光る“竿縁天井”が印象的な和室。柱に使った桑の黒色がアクセントになっている。これはデザインとして使ったもの。

和室から繋がる納戸にはロフトを設置。これは収納を確保するために奥様が希望したもの。元々吹き抜けのデッドスペースだったので作って大正解だったとのこと。

理想のポイントはココにありました!
初めはリフォームを考えていましたが、築年数が経っているのと2度の増築で家のバランスが崩れていると教えてもらいました。リフォームしてもまたどこかに手を入れることになると聞き、新築することに決めました。プロの目で見てもらわなかったら新築という選択肢はなかったです。アドバイスを受け、自分たちの思いも伝えることで想像以上の満足できる家に住むことができました。

株式会社 日伸建設
ホームページhttps://www.to-ryou.com/
会社概要

お問い合わせ、資料請求などは
各社に直接ご連絡ください。

新着建築事例に戻る